新しいビジネス購買へ。

 

あらゆる業種の調達・購買に携わる方々に向けて、特別なグローバルイベントAmazon Business Reshape 2022を開催いたします。イベントでは各業界のビジネスリーダーを迎え、購買改革をどのように進め付加価値を生み出しているか、Amazonのリーダーたちがディスカッションします。最新情報に触れることができます。

  • 時間とコストの節約

     

    購買をスリム化し、時間とコストを削減するためのベストプラクティス

  • デジタル・トランスフォーメーションの加速

    経験と分析から考えるデジタル・トランスフォーメーションを加速させるための戦略

  • 物資供給の安定化

     

    リスクを低減し、物資供給を安定させるための購買戦略

  • Amazonビジネスの紹介

     

    新しいAmazonビジネスの発表やプロダクトの詳細

Reshape スピーカーのご紹介

  • Amazon business

    マイク・カーニッシュ

    ジェネラルマネージャー

    パブリックセクター

    Amazon ビジネス

  • Amazon business

    アンドレア・ディチャート・オスワルト

    ジェネラルダイレクター

    サプライヤダイバーシティ&プロキュアメントオペレーションズ

    ユニオンパシフィック鉄道

  • Amazon business

    クリス・コステロ

    ジェネラルマネージャー

    アメリカ

    Amazonビジネス

     

  • Amazon business

    マーク・ミラー

    グローバルリーダー for Businessプライム

    Amazonビジネス

  • Amazon business

    ネビル・マルコ

    ジェネラルマネージャー

    ヨーロッパ

    Amazonビジネス

  • Amazon business

    石橋 憲人

    アマゾンジャパン合同会社
    Amazonビジネス事業本部
    事業本部長

セッションのハイライト

  • ビジネスリーダーにとって戦略的な調達は、コスト削減、デジタルトランスフォーメーション、および企業の社会的責任 (CSR) などの企業目標を推進するうえでの優先事項の1つとなっています。このセッションでは、Amazonビジネスを活用し、効率的かつ素早く環境変化に適応し、成長を加速させた先進的な企業から調達戦略を学びます。購買/調達改革に役立つ、実績のある戦略とベストプラクティスをお聞きください。

  • 世界の情勢は大きく変化しており、サプライチェーンがその使命を拡大し、競争優位性を提供する必要性と期待が高まっています。このような背景から、優れた最高購買責任者 (CPO) たちはその視野を広げ、収益性だけではなく、組織の成功に貢献するために、事業目的の遂行力や人間的な魅力といったものまで身に着けています。

     

  • 強固な制御と支出管理を確保するための厳格なモデルは、数十年間にわたって購買戦略の中核を成してきました。この数年でこれらのモデルはそのバランスを失い、ビジネスペースの加速化も相まって、組織は効率的かつ俊敏であることの意味を再考しています。今後の市場混乱に備え、回復時間と収益創出までの時間を短縮しましょう。

     

    このセッションでは、組織が以下を行うプロセスを改革する方法について学びます。

    *購買戦略と調達戦略での効率性と俊敏性のバランスを取る。

    *サプライヤーの冗長性と多様性を強化しながらリスク・エクスポージャーを管理する。

    *自動化の機会を特定して可視性とレジリエンスを向上させる。

  •  

    多くの企業において、環境目標とサステナビリティ目標が設定されていながらも、効果的な調達戦略や適切なテクノロジーを持ち合わせていません。このセッションでは、調達先を効果的に選定し、実際に調達するための方法と、サステナビリティ目標を達成するためのデジタルツールを使った購買実績の可視化について学びます。

  • 購買業務のデジタル化は、多くの企業に対し、生産性向上、コスト最適化を実現しています。このセッションでは、経験と分析から導き出された論理的な購買実績を元に、購買業務を自動化・シンプル化、意思決定のための購買分析、機能統合を通じたデジタルソリューション適用範囲の拡大をどのように進めるかについて議論します。

  • 購買業務は大企業だけのものではありません。スタートアップや中小企業の急成長には、多数の販売事業者との関わり、煩雑な請求処理、支出の管理不足が発生することがあります。このセッションでは、中小企業が購買プロセスの自動化によって工数削減、業務簡素化を実現し、リアルタイムに購買分析を行うことでよりデータ主導の意思決定を行い、さらには従業員に対して求められる購買ツールを提供する方法をご紹介します。

  • 購買業務において、コスト削減・時間の節約・多様なニーズへの対応など、これらの全てを満たす解決方法を探していないでしょうか。従業員が本来業務に集中できるよう、中小企業のリーダーたちがどのように従業員へ購買環境を提供しているかを学びませんか。このセッションでは、ビジネス価値の創出にブレーキをかけずに、購買を簡素化・迅速化し、支出削減を実現する方法をご紹介します。

  • DXの潮流は世界中で広がっており、不透明な経営環境でさらに重要になっていくでしょう。日本の組織の購買におけるDX進展状況と特有の課題は何でしょうか? このセッションでは、(1)日本における電子インボイスの取組みについてデジタル庁 加藤氏と、(2)間接業務やコーポレート部門の効率化について会計ソフトを数百万の事業者に提供するfreeeと議論します。また、デジタル化を支援する最新のプロダクト情報もお伝えします。

よくある質問

  • Reshapeは、全世界のビジネスパーソンに向けてAmazonビジネスが主催する無料のバーチャルカンファレンスです。2022年の本イベントは、基調講演、リーダーシップセッション、プロダクトセッション、お客様や業界リーダーのパネルディスカッションなどで構成されています。

  • このイベントは、大手企業から中小企業、スタートアップまで、あらゆる企業のサプライチェーンや購買業務に関連する責任者、担当者を対象としています。

  •  

    イベントへの E メール招待状は 2 月中旬に送付されます。

     

     

  • 本イベントでは、ライブでの質疑応答には対応しておりませんが、SME に誘導するチャット形式の質問には対応しております。

  • ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。amazonbusinessevents@amazon.com までご連絡ください。

  • はい。ぜひ同僚の方をお誘いの上、Reshapeにご参加ください。

  • 私たちがサポートします。amazonbusinessevents@amazon.com まで E メールでご連絡ください。

     

Reshape 2021 の基調講演

2021年は米国向けイベントとして開催されました(英語のみ)。2022年は日本を含むグローバルイベントとして開催します(日本語あり)。