Amazon Business Exchange 2022

自らを変革し未来を切り拓く

企業の経営や購買に携わる方々が、知見を高め、業務改革・改善を実現していくためのビジネスカンファレンス"Amazon Business Exchange2022"を開催します。各界のビジネスリーダーから、戦略とその戦略を実現するための障壁の乗り越え方を直接聞いてみませんか?

ARAS(エイラス)ウォータージャグ

星野リゾート様とともに開発した新商品をAmazonで発売

「プラスチックごみ削減」という社会問題の解決に向けた取り組みから生まれたウォータージャグの 新商品「ARAS( エイラス ) ウォータージャグ」 を 、 2020年11月19日(木)に、 AmazonビジネスおよびAmazon.co.jp で発売を開始いたしました 。



ARAS(エイラス)ウォータージャグ」は、永く使える、100%リサイクル可能といった企画コンセプトに賛同する、星野リゾート様石川樹脂工業様、secca inc.様、Amazonの4社による取り組みの結果、誕生しました。使いやすさという機能性に加え、環境への配慮やサステナビリティ(社会的な持続可能性)をコンセプトに商品化が実現しました。

食器ブランド“ARAS”の製造元であり、プラ樹脂商品のリサイクルに取り組んでいる「石川樹脂工業」が製造・リサイクル、「secca inc.」がデザイン。すべてがメイド・イン・ジャパン(金沢)です。

この取り組みの企画・推進と商品販売を「Amazon」が担当。国連で掲げられたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)への取り組みを進めている星野リゾート様が具体的な利用シーンを提案し、プラスチック削減を目指したペットボトル廃止に向けた取り組みを進化させました。

ARAS(エイラス)ウォータージャグ

星野リゾート様とAmazonが新商品を開発・販売できたワケ

 

星野リゾート様とAmazonのお付き合いは、Amazonビジネスがサービスを始めた直後の2017年からです。星野リゾート様が、全国各地の施設における「購買業務の立替精算、小口処理を減らしたい」「現場スタッフがお客様と接する時間、魅力を演出する企画を練る時間に充てたい」と考えられ、Amazonビジネスを導入いただいたことがきっかけです。サービス開始直後の導入だったということもあり、機能改善の様々なご要望をいただきました。その中で、「注文情報を手入力ではなく、プルダウンから選択できるようにして欲しい」というご要望をいただき、約半年後の2018年に実装が実現しました。

 

現在では、多くのお客様にこの機能をご活用いただいております。Amazonビジネスでは、現在でも大小合わせて年間数百の機能改善を行っております。この機能改善をきっかけに、星野リゾート様は一部の施設から全施設へとAmazonビジネスの利用範囲を広げていきました。


その後も定期的な購買状況の振り返りを実施しています。また、昨年Amazonビジネスが主催した購買や業務改革リーダー向けのイベントAmazon Business Exchange (ABX)にご登壇いただくなど、多大なご協力を得ながらAmazonビジネスをご利用いただいています。

 

今回のウォータージャグの商品開発・販売は、常に現状に対する課題をお持ちで、非日常空間の演出や環境への配慮といったお客様にご提供するサービスへの高いこだわりをお持ちの星野リゾート様とだからこそ実現できた企画です。

この記事をお読みの皆様にも、調達している商品や調達ルートの現状に対するお悩みがあるのではないでしょうか?「取引業者を限定したい」「一元管理できたら楽になる」「こういう商品を調達したいけれど、調達ルートがわからない」「こんな商品があったらいいな」―そのような皆様のご要望にできる限りAmazonビジネスはお応えしたいと考えています。

 

まずはAmazonビジネスにご登録のうえ、サイトを覗いてみてください。登録は無料です。

関連記事