システム連携紹介 - クラウド会計ソフト「freee会計」

クラウド会計ソフトシェアNo.1「freee会計」

はじめてでも、日々の経理をかんたん自動化。確定申告や法人決算までスムーズに終えられます。

Amazonビジネスと合わせて使うとより便利に。

freee会計

freee会計連携でできること

freee会計とAmazonビジネスと連携すると、日々の消耗品購入などの購買履歴が自動で連携され、経理処理をスムーズに行うことができます。商品単位で購買履歴が連携されるため、納品書や利用履歴から何を購入したのか確認する手間や手入力で支出を登録する手間を削減できます。

  • Amazonビジネスで購入した商品ごとに明細が作成され、各商品の消費税率を取り込むことができます
  • freee会計の「口座振替」機能でクレジットカードの引き落としの明細と突合ができ、経理の自動化が可能になります
  • 購入品の勘定科目を自動で経理で推測・入力できるようになります
  • Amazonビジネス上で複数のグループを管理している場合は、グループ(部署や会社など)単位でfreeeへ同期ができます
購買履歴表

freee会計との連携の流れ

  1. Amazonビジネスとfreee会計のアカウントを作成します。
  2. freee会計トップページ→[口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」欄からAmazonビジネスを選択します。
  3. [口座を登録して連携設定に進む]をクリックして、Amazonの認証画面からメールアドレスとパスワードでログインし、外部サービス連携を許可します。
  4. Amazonとの連携が正常に行われると、ホーム画面に戻ります。Amazonビジネス口座が登録され、自動で同期が始まります。
連携画面

動画で解説

Amazonビジネスとfreee会計の連携設定から連携された明細データの処理方法までご案内します。
・連携機能の概要や仕様
・連携設定の方法
・取り込まれた情報の処理の仕方

freee会計の機能

  •   Amazonビジネスと自動連携

    Amazonビジネスと自動連携

    freee会計はAmazonビジネスの購入履歴を自動で取得&記帳。日々の消耗品購入を手入力する面倒や、入力ミスで数字が合わないトラブルなど、経理作業の負担がなくなります。

     

  • 経理経験がなくてもかんたん

    経理経験がなくてもかんたん

    まったく知識がない人にとって、経理作業は負担でしかありません。freee会計ならはじめてでも使いやすい画面設計と、電話・チャットなどの充実サポートがあるからあんしんです。

  •   税理士とも一緒に使えて便利

    税理士とも一緒に使えて便利

    税理士に毎月領収書をまとめて送ったり、現金の出入りを記録したり、請求書を自分で作ったりしていませんか?freeeならクラウドでこうした作業がもっとかんたんになります。