「楽楽精算」と「Amazonビジネス」で商品の調達・購買から精算までの業務を効率化

利用までの手順

 

経費精算でのよくあるお悩みを「楽楽精算」と連携することで、さらに業務の手間を軽減できます

楽楽精算ロゴ
「楽楽精算」との連携設定ガイドは以下からダウンロードできます

よくあるお悩み

  • 立替精算の場合工数が増える

    立替経費精算での入力ミスによる手戻りが多く、時間がかかる

    商品名や価格、数量の転記って大変。時間がかかり、間違いが大量発生!特にECサイトの商品名は長くてややこしい・・・

    承認者や経理の伝票チェックや差戻による手戻りに工数がかかる

  • 購買の可視化が困難

    購買の可視化ができない

    従業員は好きなECサイトや店舗で思い思いに購買。本当に必要な物品が、適切な価格で購入されているかは分からない・・・

  • 従業員全員の立替精算の管理

    従業員立替が多く、小口現金管理や経費精算の工数がかかる

    従業員がそれぞれ購買するので、それぞれ立替精算が発生・・・管理にも精算にも工数がかかる

データ連携

手間を軽減する2つの連携方法

 

Amazonビジネスのご利用状況に応じて2つの連携方法が提供されています。

① システム連携  購買情報を自動連携し、手作業を限りなく軽減します

・「楽楽精算」から「Amazonビジネス」を開き、商品を選択して承認依頼ボタンを押下すると、「楽楽精算」に遷移します。遷移後に「楽楽精算」上で勘定科目に紐づく内訳を選択すると、「Amazonビジネス」で選択した商品の内容で「楽楽精算」上に事前経費申請の明細が自動で作成されます。

・商品の選択から7日間は「Amazonビジネス」上で在庫の確保と価格の維持がされ、「楽楽精算」上での事前経費申請の承認が完了すると、「Amazonビジネス」上で商品が自動で発注されます。

・購買後は、「楽楽精算」に記録されている購買データを用いて手入力不要で経費精算できます。

 

② データ連携   購買情報を「楽楽精算」へCSVでインポート

データ連携

累計導入社数7,000社突破!経費精算システム「楽楽精算」とは

 

株式会社ラクスが開発・販売する「楽楽精算」は、交通費、旅費、出張費など、経費にかかわる

全ての処理を一元管理できるSaaS(クラウド)型の経費精算システムです。

 

「社員が申請⇒上司が承認⇒経理担当者の精算処理」という一連のワークフローを全て電子化することで、

業務効率の改善や、人的ミスの防止を実現できるサービスとなっています。