一般的なビジネス-小規模

中小企業

個人事業主向け

購買プロセスの効率化

 

ビジネスに特化したAmazonビジネスを使うことで、時間とコストを削減し重要なビジネスに注力することができます。

個人向けAmazonの違いとメリット

Amazonビジネスはビジネス購買向けに設計されています。法人・個人事業主のお客様向けの数億種類の豊富な品揃えには法人価格が適用された商品も含まれます。お使いいただいている個人用AmazonアカウントをAmazonビジネスに統合することも、新たにAmazonアカウントを作成することも可能です。使い慣れたAmazonがビジネス向けに進化したAmazonビジネスは購買にかかる工数の削減とビジネスの拡大につなげます。

  • 幅広い品揃え

    オフィス用品から業界固有のプロ仕様の機器まで、数億種類の法人向け商品をお探しください。

     

    詳細はこちら
  • コスト削減

    幅広い品揃えの商品を、法人価格、数量割引、また、Amazonビジネスのお客様向けのキャンペーンを利用してお得に商品を購入いただけます。

    詳細はこちら
  • 配送オプションと送料

    注文した商品の配送方法を選択でき、対象となる購入では送料が無料になります。

     

    詳細はこちら
  • 購買分析

    Amazonビジネス内のユーザー、グループ、会社全体の購買を可視化します。

     

    詳細はこちら
  • Businessプライム

    Businessプライムは、ビジネスでのご利用に特化したAmazonビジネス専用の会員制プログラムです。

     

     

    詳細はこちら
  • アカウント管理

    複数のユーザーを追加し、アクセス許可を管理し、購買グループを作成できるので、ビジネス購買の効率が上がります。

     

    詳細はこちら

その他のコスト削減につながるAmazonビジネスの特徴

  • 40

    一つの製品は平均40のサプライヤーから販売されているため、最適な価格を比較購買できます。

  • 2個以上

    一括購入に活用できる数量割引は、最少2個から数量を選択することが可能です。

「調達のスピードアップはビジネスの俊敏性の向上や

急成長に大きく貢献しています。」

 

— 株式会社RevComm 代表取締役 會田 武史 氏

その他の支払い方法

  • 請求書払い

    請求書払いを利用すると月末締め翌月払いが可能です。

    ※ 請求書払いのご利用には審査が必要となります。

    詳細はこちら
Amazonビジネスホームページ

Businessプライムとは?

BusinessプライムはAmazonプライムとは別の会員プログラムで、Amazonビジネスのみで提供されています。対象商品を迅速かつ無料で配送し、購入を簡素化してビジネスの成長を支援する機能を提供します。

Businessプライムについて詳しく

「個人向けのEコマースであるAmazon.co.jpが馴染みのあるECサイトだったことから、Amazonビジネスの導入に対し大きな混乱もなく、かなりスムーズに導入することができました。」

— 株式会社ユーザベース Waku Work Team 星野 藍子 氏

[確定申告サポート]

個人事業主必見!確定申告前の経費処理を楽にする方法

 

確定申告にあたって必要となる経費処理はこれまで以上に煩雑な作業になっている。税務上のルールを守ったうえで、仕分けや入力作業などをいかに効率化できるか。Amazonビジネスを使えば、個人事業主の経費処理の面倒を解消できる。

 

詳細はこちら>

Amazonで販売されている商品の半分以上は、

お客様のような中小企業・個人事業主の商品です

Amazonビジネスで出品者となり、個人会員だけでなく法人会員にもリーチする

Amazonビジネスは、出品者サービスにおいても、販売先の購買担当者へのリーチとチャネル戦略のサポートで、ビジネスの成長に大きく寄与します。

  • 出品者となる

    出品者に付与される証明書は、購買ニーズがある企業の信頼獲得に役立ちます。

  • 法人顧客のニーズに対応

    法人向けの価格を設定することで、より多くの方に見ていただき、より多くの数量での一括購買につなげます。

  • 出品状況を確認し販売計画を強化

    適格なインサイトを得ることで、販売を管理・調整し、将来の出品計画に役立たせます。

  • 最適な配送システムの活用

    Amazonの配送システムにより、適切に配送管理をすることができ、ビジネスの成長拡大をサポートします。

Amazonビジネスを利用する