Hero image

One Amazonの取組 (2) 法人向け売上増大と購買効率化の両方が可能 (前編)

Amazonには、Amazonで販売を行うことができる「Amazon出品サービス」があります。今回は販売と購買の2つの目的でAmazonビジネスを活用しているお客様の導入事例をご紹介します。

Amazonビジネスでインサイドセールスを担当している恵木と申します。前回は、One Amazonの取組としてAmazonの各種法人向けのサービスを紹介いたしました。


本日は、それらのサービスの一つである「Amazon出品サービス」を使用したAmazonでの販売と、購買目的でAmazonビジネスをご利用いただいているお客様の事例についてご紹介させていただきます。

<< 前回の記事:One Amazonの取組 (1) Amazonビジネスだけじゃない?

法人・個人事業主のお客様専用購買サイトAmazonビジネスとは?

日本におけるAmazonのビジネスモデルのイメージは、一般消費者に商品を販売するB2C向けの小売りビジネスですが、Amazonビジネスは個人事業主・法人間取引に必要な機能を兼ね備えたB2B向けのサービスです。

そして、「Amazon出品サービス」とは個人や企業が商品や在庫を、Amazon.co.jpなどのAmazonストアで販売するためのプログラムです。Amazonを通じた商品販売は個人向けのECサイトからスタートしましたが、法人向けのビジネスアカウント(Amazon ビジネス)の利用者も増えています。

Amazonで出品すると、商品を1度登録するだけで、個人と法人のカスタマー両方に販売することができます。

出品サービスの魅力・メリット

  • 売上拡大、顧客獲得の機会
    新規取引先の開拓は不要です。Amazonサイトが集客を代行するため、効率的に新規顧客を獲得いただけます。

  • 掛売り販売に伴う負担軽減
    掛売り販売も含め、代金回収はAmazonが代行します。また、顧客の与信審査も代行し、与信確認作業の手間を軽減します。

  • 業務効率化
    オンラインでの取引なので、24時間注文の受付が可能。販売機会を逃さずに、効率的な売上拡大を目指せます。また、見積もりのやり取りのような手間をかけずに、スピーディーな取引拡大が可能です。

導入事例:株式会社越路商会

 

”Amazonでの販売、そして購買は会社運営のコアであり、Amazonをビジネスに取り入れて本当によかった"

株式会社越路商会 専務取締役 山下 直也 様

株式会社越路商会は1956年創業の理化学器械販売商社です。企業の研究所や大学の研究室などへ主に実験や開発用の備品や消耗品を販売しております。

Amazonビジネスの販売開始までは、お客様のもと直接訪問し、販売するスタイルが主流でしたがWEBを利用した販売網やメーカー直販の販売方法なども増えてきており、商社としての生き残りを考えると新たな顧客を新しい仕組みで獲得する必要があったのでチャレンジしました。

導入開始した頃は当社売り上げの一部になればと思って始めましたが、Amazonの集客力から売上は増加し、現在は社の取引企業の中で主軸の売上、利益になっております。また、Amazonビジネスで機能追加により、法人様への販売をより強化することで、顧客層を広げることができました。始めるまではここまでの売上を確保できるとは思っておりませんでしたので導入して本当に良かったと思います。

そして、当社では購買の観点からもAmazonビジネスを活用しており、社内備品の購入のほか、商品の仕入れとして活用しています。
Amazonは圧倒的な品揃えが一番の魅力と考えており、価格に関しても法人割引が適用されているものも多く、コスト削減に繋がっています。

Amazonビジネスの導入前は、Amazonで必要なものは個人向けAmazonサイトで購入して立て替え精算をしていましたが、Amazonビジネスでは請求書払いを使用することができるようになったので、購買効率は圧倒的に改善されました。

使い勝手は個人向けAmazonと変わらないため、導入ハードルは低く、価格に関しても商材によってはAmazonでの仕入れが安い商品が増えています。今では必要になったものはAmazonビジネスで検索するようになっており、価格・在庫・配送いずれも安心して購入することができています。

次回はもう一社Amazonビジネスを販売と購買の両方で活用しているお客様の事例をご紹介します。こちらのお客様からは、Amazonでの販売戦略を中心に語っていただきました。ぜひ、次回もご覧ください。

 

最新記事