Amazon Business Exchange 2022

自らを変革し未来を切り拓く

企業の経営や購買に携わる方々が、知見を高め、業務改革・改善を実現していくためのビジネスカンファレンス"Amazon Business Exchange2022"を開催します。各界のビジネスリーダーから、戦略とその戦略を実現するための障壁の乗り越え方を直接聞いてみませんか?

調達リスクを理解する

 

 

今日のビジネス環境では、組織が継続的にサプライヤー戦略やコスト改善のメカニズムを再考する必要があり、その際に最も重要となるのはリスクの回避と緩和である。調達機能におけるリスクを理解するために、まず、広範なサプライチェーンでどの様なリスクがあるのかを把握する。

 

 

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは

 

原材料の調達から商品が消費者に渡るまで、製品とサービスのフローを管理するプロセスのこと。迅速かつ効率的なサプライチェーンマネジメントでは、多くの場合、情報技術、在庫を保管する倉庫のネットワーク、ロジスティックスを活用することが、企業の効率性を推進しコストを抑制する上で必要不可欠となっており、サプライチェーンの要素の1つとして、コスト抑制の中心的な役割を果たす。

 

 

 

サプライヤーリスクマネジメントとは

 

リスクマネジメントには、リスクの特定、評価、優先順位の設定が含まれ、組織は最善の方法でリスクを管理し緩和することができる。企業や組織がビジネス目標を達成するためにサードパーティーのサプライヤーに依存している場合、サプライヤーリスクマネジメント(SRM)では、サプライヤーリスクに重点を置いた管理によってサプライチェーンの混乱を軽減することできる。

 

SCMは、グローバルなサプライチェーンとして複雑化しているため、サプライヤーリスクマネジメントがこれまで以上に重要になっている。取引先のサプライヤーが何十万社にものぼる大手組織では、これらのサードパーティーサプライヤーごとにリスクが露呈す可能性がある。ビジネスに必要不可欠な機能を運用するために、サードパーティーへの依存度が高くなるほどリスクも増加する。 

 

 

 

調達リスクを軽減する役割

 

最高調達責任者(CPO)、契約マネージャー、購入マネージャー、またはバイヤーなど、調達機能を担当するリーダーには、組織をリスクから守るために果たすべき重要な役割がある。

 

リスクはすべての組織に存在し、ビジネスの性質上から商品の購入をサードパーティーに依存している場合には、より高いリスクが存在し、例えば、運用リスク、風評リスク、倫理上のリスクが伴う。

 

 

 

調達リスク管理の効率化

 

会社の機能の大部分がコスト抑制に充てられる場合、調達リスクの管理は特に困難になる。そのため、調達はサプライベースからリスクを見つけ、対応をすべきと位置づけられているため、効果的なサプライヤーリスク管理を推進することが重要となる。また、組織が不確実なタイミングに事業の舵取りをするとき、調達がビジネス価値を高める推進力となるため、サプライチェーンリスクマネジメントにおいて大変重要な要素の1つとなる。

 

 

 

間接材支出(テールスペンド)のリスク

 

間接材の調達は、企業の利益に直接影響のない事業運営の費用やその他の購入品にかかる費用である。とはいえ、間接材支出(テールスペンド)のリスクであっても最終的な収益に影響を及ぼす可能性がある。多くの組織が直接材支出に重点を置いているため、間接材のサプライヤーは、多くの場合、複雑な契約書や組織のバイヤーチームが伴う主要なサプライヤーほど厳密に管理されていない。このことが、組織が間接材支出(テールスペンド)のリスクの高まりに対処する必要がある理由となる。

 

 

 

オンラインストアで調達リスクを緩和

 

オンラインストアは、多くの選択肢の中から価値の高い製品が購買担当者に届けられる。例えば、Amazonビジネスでは、購買担当者は、1か所に何億ものサプライヤー、何百ものカテゴリーの中から何億もの製品を素早く検索、比較、検討することができ、これにより、効果的に複数のサプライヤー契約におけるリスクを最小化することができる。また、購買担当者は、個々のサプライヤーの検索、特定、厳選の工数を削減し、間接材支出(テールスペンド)に見合う価値かどうかを比較検討し、評価することができる。

 

Amazonビジネスの販売業者には、次のようなビジネス実績の高い基準が設けられている。この基準により、購買担当者は多様性に富んだ厳選されたサプライヤーから調達でき、バリューチェーン全体における供給の遮断を最小限に抑えることができる。

  • 低いキャンセル率
  • 発送期限遵守
  • 非課税適用が可能
  • 多様性および品質に関する資格
  • 多様性に関する資格(例:マイノリティ/女性経営者)
  • 品質に関する資格(例:ISO 9001、AS 9100、ISO 13485)

 

 

 

調達リスクを管理するための追加ツール

日常業務又は繰り返される購買活動のプロセス自動化によって、特に間接材支出においては、組織全体で戦略的な調達への見直しに関心を向けることができる。

検索履歴や詳細ページに反映される組織特有の購買ポリシーを設定できるため、購買担当者は履歴に基づく戦略的な調達によって迅速に購入することができる。同時に、支出を可視化して一元管理や最適化に役立てることができる。

カテゴリー別の購入や支出のしきい値、またはその両方を定義できるため、承認担当者や調達部門が更に購買活動に関する認識を合わせることができる。

調達における購買ポリシーの管理方法をさらに細かく設定することができる。購買責任者は、既存の承認ルールの設定に加えて、特定の部門に対して個別に支出のしきい値を設定することができ、この予算を特定の注文書(PO)に関連付けて、サプライヤー全体における調達の支出レポートと同期させることができる。

 

Amazonビジネスを利用した大規模企業の調達の合理化